ヘッダー画像
    
            

早期羽化

2016/12/21
category - 2016ブリード
コメント - 8
                         

格安プロテインを見つけたので購入してみました。
無添加みたいなので菌糸の添加に使えますかね!?
ちなみに、人間用です。
10月辺りから肉体改造初めて、体重増量中
部位別、週4~5でワークアウトに励んでいますw

幼虫も増量してるといいのですが・・・

早期羽化ですが YG6番は、2頭と蛹1頭です。
まず、50mm かなり細いです。厚みも12.7mmなので、薄いです。
微妙に尻が出てるような出てないような・・・
YG6 16g 10月羽化

YG6 16g 10月羽化 尻

YG6ですが、形状固定してないので、参考値52mm 前胸が80系のメスと似てますね。
YG6 16g 11月羽化


YG6 最大個体38g動画

847x早期50.5yasukongさん 27gから羽化 参考値79mm 還元率は、まあまあかな この虫は、shimaさんのオスとも違うような・・・
847x早期50.5yasukongさん

YG7は、2頭蛹でYG1番も蛹で来月羽化っぽいですね。

菌糸瓶の交換ですが、YG1番 YG6番 YG7番の菌糸が持ちそうなのだけ残して
コラボラインと里子の交換して終わりです。
コラボラインは、mattさんが、43.7とか意味不明な幼虫を出されましたがw
しかも、37gも居るんで、羽化すれば87以上確定じゃないかと思ってます。
なんせ、shimaさんのYGとSR血統ですからね!
さっそく早期をお願いしときましたw

あと、オークションに、能勢産でお試し幼虫を出品してますので、興味のある方は見てやってください!
YG884と54能勢産のアウトで
54mmは、親オスは、882頭同のラインで、そこから準ギネスの89が出ています。

チラッとオクでレコードラインの成績見てきましたが♂血の絡みがあるのかは、わかりませんでした。
今度聞いてみます。
90mm 89mm 88mmx4って次元が違うw

                                 
                                      
            

884 種 確認

2016/12/11
category - 2016ブリード
コメント - 0
                         
お試し産卵の動画あげておきました。(手ブレあり)


88.4は、羽化後6カ月で、無謀にもペアリングは、2週間ほど放置(メスが、あまりでてこないので)
顎縛り無し
884は、臆病な感じがしたので、たぶん大丈夫と判断

設定温度が、高かったのでトリコがでまくりでしたw
4本返しでないと、暴れそうですね。
884のお試し
幼虫2頭
卵が何個か採れました。

あと、YG1番の、親メスを三階松さんに送って産卵飼育してもらってたのですが、3頭管理で2本目への交換で、30g 31.9g メス18.2gが出たみたいです。
3頭管理で、高添加ボトルで18gを出されたんでビックリですね。
去年GT34で、小さいの多かったですからね・・・
YG1は、去年でなかった87台を1頭出したいところです。
                                 
                                      
            

似ている二頭

2016/12/03
category - 2016ブリード
コメント - 0
                         
Gullさんのメスとshimaさんのメス
shimaさんのメスの画像を撮ったので載せます。
2頭とも頭幅が、太めなのですが、体のバランス的に細く見えます。
不思議ですね。
今期の種虫は、上翅の幅が細いです。
薄い虫ですが、薄い虫が全ていい虫とも限らないので虫選びは難しいですね。

来期のYGのメインは、この2ラインになると思います。
実は、884の種確認で、かなり早い、お試し産卵をしました。
卵は、確認してますが、孵化するまでは安心できませんね。
ちなみに、YG88.4X54mmくらいの能勢産 能勢産で一番印象の良い♀を使いました。
親虫は、SG88 2頭同とwaizuさんのYG早期495です。
4本GT34余ってるんで、飼育してみようと思ってます。

IMG_1227.jpgIMG_1217.jpg
55.2mm(最大値)15.9mm 22.3mm 13.7mm

IMG_1306.jpgIMG_1305.jpg
IMG_1307.jpg
55.3mm 15.7mm 22.2mm 13.5mm
                                 
                                      
            

41g(自己記録更新)

2016/11/23
category - 2016ブリード
コメント - 2
                         
IMG_1298.jpgIMG_1299.jpg
カンタケボトル
自分の理想は左
既製ボトルは、右より厚い膜に覆われたのが届くので、カンタケは、ブロック詰めのみです。
膜が厚いものは、使い物になりません。
ボロボロの虫が、出てくる確率が高いです。

YG7-11 35g→41g
IMG_1303.jpg
YG7 shimaさん 847 882同 X 早期51mm C98 YG1番 884同
使った親メスは、shimaさんの80系♀の遺伝を強く感じてたんで、重たいのは出す自信ありましたが
読み通りでした。

幼虫は、細いのにデカいです。
普通40gだと、もっとデブいんですが

ボトルは、S3→レビンG→三階松さんカンタケです。
レビンGは、三階松さんのアドバイスで800g前半で詰めてます。
カンタケは、800g〜830gで、ボトル側面だけ固詰めです。

ブロともの mattさん に2本目への交換で、見事惨敗してたんで、40UPが出て、ほっとしてますが、次の交換で抜かれそうですねw

YG6番 10月交換の2頭をカンタケに交換したら、このラインは、終了です。
恐らく残り2頭が最大体重になると思われます。
YG6番幼虫管理表
追記
YG7番の管理表です。
あと2頭交換残してますが、菌糸瓶の状態がいいので、3ヶ月交換にします。
28gの落ちこぼれがいましたが、長さが短いので、30gが限界でしょう。
余裕のある幼虫から、限界の幼虫までいろいろでした。
去年のYG1番と似たような成績ですが、太さが違うので何ともですね。
幼虫管理表YG7



                                 
                                      
            

蛹化

2016/11/15
category - 2016ブリード
コメント - 2
                         
最近プロテインが、値上がりしてますね。
前回、買った時は、2キロくらいで5千円でしたが、6千円ほどになってます。(海外のプロテイン)

プロテインを菌糸に混ぜると、見事に毒瓶が完成したりといろいろありました。



ブリードですが
メスの幼虫が、蛹室を作って、シワが出始めました。(YG7番 847x早期515)
どのタイミングで、24℃の虫家に移動させるのかですが
判断が難しいですね。
数日様子見ています。
ちなみに、うちは、28℃で蛹室を準備している幼虫もいました。
30℃以上は、必要ない気もしますね。
1本目引っ張ってやれば、スイッチも入りやすそうですし|д゚)
IMG_1297.jpg

ワインセラーで管理してた高温組ですが、立派な蛹になってました。
オスですけど・・・(YG9 847x早期50.5)
IMG_1296.jpg
27gの幼虫が、どれくらいのサイズになるのか楽しみですね。

                                 
                                      
    

プロフィール

YG1-7 88.4mm

C98 (Cクワ)

Author:C98 (Cクワ)
2014年の10月から能勢YGのブリードを始めました。
少数飼育ですが、頑張ります!

カテゴリ

リンク